« 映画「ハウルの動く城」 | トップページ | みろくの里 »

2005年5月15日 (日)

映画「ローレライ」

2005年3月公開。公式サイトはこちら

舞台は第二次世界大戦末期、主人公の艦長絹見(役所広司)と若き乗組員折笠(妻夫木聡)らは、首都東京への原爆投下を阻止するため、ドイツ軍から接収した最新型潜水艦「伊507」で敵陣に突入する。
ってなストーリー。

重厚リアルな戦争映画かと思いきや、その中身は美少女キャラを主人公としたファンタジー活劇でした。
詳しくはネタバレなので書きませんが、設定がぶっとんでます。その時点でちょっとついていけません。
この少女すごいです。着てる服も「萌え萌え」服です。

おまけに、妻夫木聡らはどう見ても戦時中の人に見えません。
潜水艦の内部描写だけは、よくできていて雰囲気が出ていましたが。

戦闘シーンは、迫力はあるものの、敵がありえないほど弱く話になりません。
最後、敵群のど真ん中に浮上したにもかかわらず、敵はしばらく攻撃すらしません。アホかい。

まあ、いろんな方々が書かれています通り、本来アニメでやるべきものを実写でやってしまった映画という感じですね。

CHON的評価55点。banner_02

|

« 映画「ハウルの動く城」 | トップページ | みろくの里 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102853/4130444

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ローレライ」:

« 映画「ハウルの動く城」 | トップページ | みろくの里 »