« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月24日 (金)

TVドラマ「恋に落ちたら ~僕の成功の秘密~」最終回!最高!

いや~~面白かった!
絵に書いたようなハッピーエンドであり、大方の予想を裏切らないものではありましたが、細かい部分の描写がいちいち面白くて最高でした。

  • みんなに刺身とカレーを振舞う龍太とまり子
  • 島男の開発した検索システムの名前「鈴木ねじ.net」
  • 宮上商事に対しキレる高柳と、それを見て微笑む島男
  • 帰りのバスでうなだれる高柳と、うれしそうに笑う島男
  • 会社に帰って「みんなごめん。もう自分でも何がなんだか。。。」という高柳に対し暖かい視線を送る社員たち
  • まり子のプロポーズに「うそぉ~~!」とフグのような顔で驚く龍太
  • 「これからもいっしょにやろう」という高柳に「自分のやりことをやる」という島男。それに理解を示す高柳。
  • 「私、ブーケを取っちゃう男って嫌い」っという守子と、うつむく豊田。
  • 島男と香織のぎこちないキス
  • ブライトオンラインからの電話に対し、一瞬の間の後慌てるというお約束動作の神谷たち
  • その後の笑えるほど早すぎる展開!(ブライトオンラインと契約→検索システム1位に→フロンティア買収→高柳がフロンティア社長に復帰)
  • 5年後、おそろいのTシャツを着ている龍太とまり子
  • 嬉しそうに「動向を逐次報告しろ。鈴木ねじを侮るなよ!」という高柳
  • 髪を横分けにした宮沢
  • 少しだけこぎれいになった部屋でパソコンに向かう島男
  • エンドロールでの名場面で、鰹で殴る龍太がまた見れたこと

いちいち最高でした!
最終回の展開としてはこれ以上ないものだったと思います。

このドラマは、島男の「いい人キャラ」によるサクセスストーリーでありますが、一度「いやな男」ブラック島男になり大きな挫折を経験したことで、ラストの幸せの深さが大きく増しました。
自分の当初の予想よりもずっといいドラマになったと思います。

それにしても、草彅氏はいい演技しますね。
表情というか、あれだけ目で演技ができる人はそういないのではないでしょうか。

フジテレビさん。すばらしいドラマをありがとう。
次の草彅氏主演ドラマが楽しみです。
banner_02

↓原作本はこちらからどうぞ

↓今からこのドラマのDVDを予約しておきたい人はこちらへ

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2005年6月18日 (土)

プロ野球交流戦終了

本日で、約1ヵ月半に及んだ史上初のセ・パ交流戦が終了しました。
結果はロッテが、交流戦前の勢いのままに勝利を重ねて見事優勝。
2位もソフトバンクということで、パ・リーグが1位2位を独占しました。

巨人は貯金4で4位。まあまあの結果でしょう。
セでは、中日があれほど負けるとは思いませんでしたね。

さて、今年プロ野球改革元年として、史上初の交流戦を行うことになったわけですが、結果としては大成功だったのではないでしょうか。

新鮮な対戦カード!そして普段見られない投手と打者との対決!
どれも見ごたえがあり、普段味わえない興奮を味わうことが出来ました。

観客動員も好調で、ファンもかなりの好印象のようですので、来年以降も交流戦は続くことでしょう。
プロ野球人気が低落していく中で、今回の交流戦のように、ファンを惹きつける改革を今後もしていく必要があると思います。ドラフト改革もその一つでしょう。

一プロ野球ファンとして、プロ野球の繁栄を願って止みません。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005年6月17日 (金)

NDS「ニンテンドッグス」売却

先日購入したNDS「ニンテンドッグス」ですが、売却しちゃいました。(^^ゞ

別に面白くなかったわけではなく、面白いし犬はとてもかわいいのですが、何週間もやっているとやることがなくなってきます。
犬と遊んだり散歩に行ったり大会に出場したりするわけですが、その中に大きな変化があるわけでもなく、単純作業の繰り返しになってしまいました。

犬はかわいいので、「今日も散歩してやらなくちゃ」という義務感にかられてゲームを起動するのですが、2匹散歩してその途中でディスクの練習をしていると、それだけで30分くらい経ってしまいます。
覚えた芸もしばらくやらないと忘れてしまうようで、忘れないように時々芸をさせるわけですが、こういう義務的な作業に飽きてしまいました。
いや、犬はかわいいんですがね。(しつこい)

それでも長くやっていると、レアイアイテムが手に入ったり、新しい犬が登場したりするようですが、そこまでやる気力がなくなりました。

こういうのは時間のある小学生や、とにかく犬好きの女性とかがやるべきゲームですな。やっぱり。
30代後半の会社員には難しい。(笑)

CHON的評価は50点ですが、これは主観の問題なので、人によっては100点かもしれません。

犬好きな人はこちらからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

TVドラマ「恋におちたら ~僕の成功の秘密~」第10話

さあ、いよいよ島男復活の回です!

でも前半はうじうじしてちっともやる気を見せません。
「(他にやることがないから)ねじ工場をやろうと思う」という島男に対し、「そんな気持ちではやって欲しくない。逃げてるだけでしょ」と言ったまり子。かっこいい。

会いに来た香織や高柳にも冷たくあたる島男ですが、高柳に対する七海の「彼の幸せが自分の幸せ」という言葉や、龍太の「まり子はおまえが幸せになることを願ってるんだよ」という言葉に、段々と心を動かされます。
そして、香織の持ってきてくれたロボットを見て今までの自分、そして周りの人々の優しさをを思い出します。

ついに島男復活です!!

高柳、そしてフロンティアを辞めた神谷とともに会社を立ち上げます。その場所はネジ工場。
香織もまたフロンティアを辞めてそこに加わります。

これで、復活した島男、島男によって変わった高柳、二人の最大の理解者である七海と神谷、島男を愛する香織、と最強メンバーがそろいました。
さあ打倒フロンティア!いや桜庭!!

来週は最終回ということで、かなりの急展開が予想されます。
島男が香織と結婚!?高柳がフロンティアの社長に復帰!?
ちょっと予告を見せすぎじゃないの、フジテレビさん。。。

最終回は15分拡大スペシャル。お見逃しなく。banner_02

| | コメント (4) | トラックバック (13)

2005年6月13日 (月)

映画「バタフライ・エフェクト」

6月9日に見た映画の最後は「バタフライ・エフェクト」

昔からタイムトラベルなどのSFものが大好きな私としては超期待の一本です。
バタフライ・エフェクトとは、たった一匹の蝶の羽ばたきが地球の裏側がでは大竜巻となるという、カオス理論を示すそうだ。(難しい!)
この映画においては、過去で行ったちょっとした行為が、未来では大きな変化となるという意味になります。

昔読んだ、広瀬正 著「タイムマシンのつくりかた」でも、過去にタイムトラベルして石を1つだけ記念に持って帰ったら、未来が全く変わってしまったというような話があったのを思い出しました。

前置きが長くなりましたが、、映画の中身を。。。。

主人公エヴァンは、幼少の頃から一時的に記憶を失うという症状があった。
どうやってもその失われた部分の記憶を取り戻すことは出来なったのだが、大人になったエヴァンは昔の日記を読み返していると、なんとエヴァンの心だけその時代にタイムトリップしてしまうのであった。
タイムトリップした先は、まさにそのとき記憶を失っていた時間帯!
これによって、主人公はそのとき何が起こっていたのかを初めて知ることになる。

さらに、主人公は精神がタイムスリップした際に、過去を自分の意志で変えることが出来ることに気づく。
自分そして大切な女友達ケイリーの不幸な人生を変えようと、主人公は何度もタイムスリップして未来を変えようとするのだが・・・・・・その結末は。。。

うん、これはすごい!前半は比較的ゆっくりと話が進むのですが、後半の展開はすごい。グイグイ惹きつけられてしまいました。
それに主人公の取った最後の選択。とてもせつなくて哀しいラストです。公式サイトでは「切ないハッピーエンド」と最初から書いてあったようですが、私はそれを知らなかったので、最後はバッドエンディングで終わるものと思い込んでみていました。
確かにこれ以上ない切ないハッピーエンドです。
それにしても前半の多くの伏線が最後で繋がっていく展開は見事としか言いようがありません。

映画の中で、タイムトリップが何度も何度も発生し、それによる結末が多くあったため、見終わった後思い出そうとすると、私自身多少混乱しました。
記憶があるうちに、映画の中のタイムトリップの経過をPDFにまとめてみたので、興味のあるかたはご覧下さい。こちら(61KB)【ネタバレ注意!】

で、まとめていて大変なことに気づきました。
この映画は、一見、「自由に運命を変えられる物語」に見えて、実はそうではないという事実に!
(そんなもんすぐ分かるだろ、とかいうツッコミはご遠慮下さい)(笑)

興味ある方は、是非続きをお読み下さい~~~~。(ネタバレありますのでご注意)

続きを読む "映画「バタフライ・エフェクト」"

| | コメント (11) | トラックバック (31)

2005年6月12日 (日)

映画「電車男」

6月9日に見た3つの映画のうち2つ目。「電車男」

電車内で酔っ払いに絡まれた女性を助けた「電車男」と称するアキバ系オタク青年が、顔も知らないネット掲示板の住民達に相談し、協力してもらいながら、その助けた女性との恋を成就するという純愛ストーリー。

言わずと知れた2ch。便所の落書きとまで言われながらも、数多くの物語がそこには存在します。

書籍「電車男」は、ネット掲示板の投稿の関係ある部分のみを抜粋して掲載しただけのものでありながらも、大ヒットを記録。ついには漫画化!映画化!TVドラマ化!
とその勢いはとどまるところを知りません。

実は私は、おおまかなストーリーは知っていましたが、詳細は全く知らない状態でした。
そういう状態でまず映画を先に見ちゃったわけです。

で、感想ですが。
主役の電車男を演じた山田孝之は最近では「世界の中心で、愛をさけぶ」の主役を演じた若手NO.1俳優。もちろん2枚目。
そんな彼ながら、オタク青年を見事に演じきっていましたが、元々が2枚目だけに、ストーリーの序盤でイメチャンした電車男には少し無理がありましたね。
本来は、外見だけ変わってもかもし出す雰囲気はやっぱりオタク、という感じがベストだったと思いますが。

ヒロインのエルメス役の中谷美紀は、役柄的にはちょっと歳をとりすぎでありますが、元々エルメスは「中谷美紀に似ている」と書かれているわけで、しょうがないですね。(笑)

ネット掲示板の住民としては、7人のみが登場するわけですが、それぞれにそれぞれの事情を抱えていながら、同じように電車男を応援する姿はなかなか良かったと思います。

さて、映画の中ではエルメスの非常に印象的なセリフが多く出てきます。

  • 「大丈夫ですよ。ちゃんと掴んでますから」
  • 「こっちのほうが自然ですね」(電車男の手を掴んで)
  • 「実はカマかけてたんです」
  • 「頑張ってください!」(電車男の告白時)
  • 「好きって言ったら、もっと好きになっちゃいました」

映画を見た後、原作(2chの過去ログをまとめたサイト)を見たところ、これらのセリフは全部原作にあったんですね。エルメスの性格を良くあらわしているセリフですね。

原作では更に

  • 「大人のキスってわかる?」
  • 「入っていくけど驚かないでね?」

などのアダルトなセルフもありますので、興味ある方は是非原作もどうぞ(笑)

映画で、原作から変わっていた部分はいくつもありますが、まあ許容範囲内でしょうか。
原作どおりだと、主人公の挫折部分は小さすぎますしね。

結論としては、純愛ストーリーとしてはかなり異色な人物設定で、かつストーリー的に波が少なく一本道ですので、あまりそういう面白さはありません。
しかし、ついつい電車男を応援したくなる気持ちを起こさせ、ネット住民達と共に盛り上がってしまうという一面もあります。

2chを知らない人にとっては、意味不明な会話が溢れているため理解に苦しむ個所が多いでしょうが、2chを知っている人にとっては、2ch用語がバンバン出てくるのを見るだけでも非常に楽しめます。

映画としてどうかといわれたら正直困るのですが、少なくとも映画館にいた2時間は非常に楽しい時間を過ごせたことは確かです。

ということで
CHON的評価 不明(笑)

点をつけるのは無理があります~~~。
大好き、おまいらbanner_02

| | コメント (5) | トラックバック (5)

巨人 19-3 西武

なんとまあ極端な試合!!
昨日12点も取られて負けたかと思いきや、今日は19点も取ってボロ勝ち。
勝つときは1点差でいいので、その取りすぎた点を他の試合に取っておいてほしいものです。(笑)

清原は、2HR7打点の大活躍です。
ここ1ヶ月ほど状態が最低最悪でチームの足を引っ張っただけに、今後はその分を是非取り戻しでください。キヨちゃん。

さあ、これで長かった交流戦も、火曜日からの楽天3連戦で終わります。
最近楽天は接戦をものにしている試合も多いので、気を抜かず戦わないと勝てませんよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月10日 (金)

TVドラマ「恋におちたら ~僕の成功の秘密~」第9回

いや~、予想通りとはいえ見事に桜庭に裏切られましたね。島男。
でも見ていて思わず桜庭のほうを応援してしまうほど、島男はいやなやつでした。

役員の3分の2以上をロイド側にした時点で、島男の負けは決まっていたわけで、まさに自業自得です。

手段を選ばずフロンティアを大きくすることだけを生き甲斐にしていた島男にとっては、社長を解任された今、全くの真っ白になってしまいました。
自分が高柳にしたことと同じことを、わずか数週間(?)で自分がされてしまうのは最大の屈辱でしょう。

そんな島男を暖かく迎えてやるまり子と龍太。やはりいざというときは家族が一番頼りになります。そのことにようやく気づいたかな、島男。

今回の放送のラストでは、もう鬼のような顔ではありませんでした。
来週から、昔の島男に戻って、島男らしいやりかたで立ち直って欲しいものです。

ひょっとして高柳と手を組んだりするかもね。期待。
banner_02

| | コメント (2) | トラックバック (5)

映画「フォーガットン」

6月9日(木)、3本映画を観てきました。まずは1本目「フォーガットン」

最愛のひとり息子を飛行機事故で失ってから14ヶ月。テリー(ジュリアン・ムーア)は未だに息子の死から立ち直れずにいた。そんなある日、家族3人で撮った大切な記念写真からサムの姿だけが消えていた。動揺する彼女に、精神科医は「息子など最初から存在しなかった」と冷静に告げる。警察や国家安全保障局に身柄を拘束されそうになるテリーは、同様に事故で娘を失くしたアッシュとともに真実を求め始めるのだが…。

この映画は衝撃的なラストがあるという話でしたが、先日ネットでうっかりそのオチを見てしまいました。。。。
でも知ってしまったら怖いものナシで、色んなサイトでネタバレ感想を見てみました。

賛否両論というより否定的意見が多かったのですが、そのオチを知った上で敢えて観てやろうと思い、映画館へ。

感想はネタバレを含みますので、それでも読みたい方は続きをどうぞ。

続きを読む "映画「フォーガットン」"

| | コメント (2) | トラックバック (13)

2005年6月 4日 (土)

3D地球儀ジグソーパズル完成!!

4月終わりの投稿で途中経過を書いていた、地球儀型3Dジグソーパズル(960ピース)がついに完成!!3D_kansei
陸地を完成した後の後半はきつかった。。。。

海には緯線経線以外の情報があまりに少なくて大変でしたが、なんとか頑張りました!

完成に要した時間は、実質10時間くらいでしょうか。

購入したものはアンティークタイプのもので、完成後はインテリアとしても非常にいい感じであります。

よかったよかった。

banner_02

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年6月 3日 (金)

TVドラマ「恋におちたら ~僕の成功の秘密~」

毎週木曜日午後10時放送。主演草彅剛。

フジテレビとライブドアの抗争は記憶に新しいですが、まさにそのライブドアをモデルにしたような会社フロンティア。
フロンティアの社長は、お金で全てを解決しようとする高柳(堤真一)。
そんなフロンティアに、ひょんなことから入社してしまった主人公鈴木島男(草彅剛)

高柳とは対照的に島男は、周りがあきれるほど人が良く、要領の悪い人間。
ところが、その人の良さが仕事面でうまく効果を発揮し、高柳社長の予想を越えて、島男は仕事で次々に結果を出していきます。

先週放送の第7話ではついに取締役にまで昇進しますが、島男自身は「僕は高柳社長のようには絶対ならない」と宣言。

という感じで、物語前半では主人公島男の人を思いやる優しい心、真摯な態度、誠実さを前面に押し出し、高柳社長と全く正反対の島男が全く正反対のやり方で成功を収めていく、といった感じの流れで進んでいました。
CHONの予想では、このまま成功を収めつづけついに高柳を逆転する立場に!という感じかなと思っていたのですが。。。。

ところがところが、先週後半から急展開!
取締役になった島男は「株主と社員に利益をもたらすこと」という、高柳社長の経営者の心得が頭から離れず、ついに高柳ばりの強引な手法で、1つの会社をのっとってしまいました。
この一件で、島男はお金で強引に解決する手法に快感を覚えてしまいました。

今までの人柄の良かった柔和な優しい顔は一変し、鬼のような形相になり、結果を残すことだけを考え周りを全く省みなくなってしまいました。
妹が悩んでいることにも全く気づいてやれません。

今週放送の第9話で、島男をけん制する高柳社長に反発し、島男はクビに。ところが逆に島男は自分を評価してくれている大手投資会社と契約し、なんとフロンティア自身を買収してしまいました!
フロンティアを追い出される形になった高柳に対し、「あなたが僕をこう育てたんですよ」と言い放つ島男。その顔は超悪人面!!

自分が嫌っていた高柳の手法、いやそれ以上のやり方で全てを手にした島男ですが、自分ではずっと「自分は変わっていない」と思っている様子。
昔の島男に好感を持っていた人たちは、そんな島男に対し、「鏡を見ろ」という。変わってしまった自分に気づきなさいと。

と、ここまでが今週放送分。

いや~、まさかこんなに激しい展開になるとは予想していませんでした。
このドラマはとにかく人の良さだけで人がどれだけ成功するのか、という物語だと思っていただけに意表を突かれました。

前半の優しい顔の島男と、後半の鬼の形相の島男。こんな両極端を演じる役として草彅君はまさにピッタリ。
どちらもこれ以上ない雰囲気を出しています。
特に後半の顔は怖すぎ!ホントに鬼に見えます。

来週の予告では、まだ鬼の島男のままのようです。
ドラマとしてはこのまま行くはずがありません。おそらく強引過ぎる手法が失敗し、島男は凋落していくような気がします。
そして、元に島男に戻れるか!?って感じでしょうか。

残り3回(?)の放送が楽しみです。banner_02

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2005年6月 2日 (木)

名探偵コナンの原作者と主役声優が結婚!

名探偵コナンの主人公役の声優高山みなみさん(41)と、そのアニメの原作者青山剛昌氏(41)が結婚していたことが判明

高山みなみはさん、コナンの他にもTV「忍たま乱太郎」や、映画「魔女の宅急便」などの主役を演じている超大物声優ですね。
また、TWO-MIXのボーカリストとして、音楽家としての側面も持っています。

漫画家の青山剛昌氏も、「YAIBA」「名探偵コナン」等の大ヒットにより、高額納税者リストに載るほどの大物。

当然ながら、今回の結婚は名探偵コナンが縁だったようですが、それにしてもビックリしました。
まさかこういう組合せでの結婚とは!

お二人とも今後の益々のご活躍を期待します。
banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »