« 映画「宇宙戦争」 | トップページ | 雨のレオマワールド »

2005年7月 1日 (金)

映画「戦国自衛隊1549」

観賞日6月30日。MOVIX倉敷にて。

見事に突っ込みどころ満載の映画でした。

20年以上前に公開された「戦国自衛隊」とは結構ストーリーが違うようです。
今回は、タイムスリップしてしまった自衛隊を、2年後に別部隊が救出にむかう、というものです。

とりあえず、何を演じても同じ人に見えてしまう江口洋介には勘弁して欲しい。
私は彼のことが決して嫌いではなく、むしろ好きな俳優ではあるのですが、あまりにも演じ分けができていないと思います。
せめて役によって髪型くらい変えろよ!
先日まで見ていたドラマ「救命病棟24時」の進藤先生がそのまま自衛官になった感じです。
彼にとって役作りとはなんなのかを問いたいです。(笑)

まあそれはさておき、つっこみましょう。

【ここからネタバレ注意!!!】

そもそも、過去の行動が現在にひずみが生じるというのが変で、過去が変わればそこから現代への全ての歴史が順番に変わっていくわけで、現代だけが突然変化するわけではありません。
そのへんのタイムパラドックスの基本的な捕らえ方がかなり適当です。

そして、2回目のタイムスリップが1回目と全く同じ結果になるという根拠が希薄。
1回目の1549年への転移に、どれだけ微妙な条件が必要かもわからないのに勝手に同じようにタイムスリップできる思う勝手さ。
そして実際に出来てしまう安易さ。
まあ、そうならないとストーリーが展開しないんですがね。(笑)

戦国時代の戦いで、多くの主要人物が命を投げ出していくのですが、彼らがそこまでする理由も伝わってきません。
なんで彼らは命を投げ出すの?守りたいものがある?その辺ちゃんと描写して欲しい。
それが伝わったのはせいぜい三國(嶋大輔)だけ。(関係ないが、嶋大輔太りすぎ!)

で、戦国で主人公鹿島(江口洋介)たち、戦国人を殺しすぎ!!
的場(鹿賀丈史)に対して、「俺たちの現代の60億の命はどうでもいいのか!」とか偉そうにいっているが、何百人もの戦国時代の罪もない人々の命は簡単に犠牲にできるわけ?

で、最後無事現代に戻ってくると、大勢のお迎えで鹿島はヒーロー扱い。
そうなの?それでいいの?
この作戦の一番の目的は現代のひずみを無くすことだったろうけど、そのために大勢の命を奪い、多くの仲間の命が犠牲になったのに、彼はヒーロー?
みんな笑顔?
決してハッピーエンドじゃないと思いますが。。。。
彼らが戻ってくるのを待っていた人たちは、半分以下の隊員しか帰ってこなかったことをもっと悲しめ!

そういえばBGMも、所々変でした。
城に突入する際の音楽が、トムとジェリーの追いかけっこみたいな感じだったし、最後的場との対峙シーンも変なドラムソロがかかってたし。

とまあ、文句ばかりいいましたが、実はそういいながらも結構楽しみました。(笑)

特筆すべきは、七兵衛役の北村一輝ですね。彼の声はいい!渋い!
顔も武将らしくカッコよく、最高でした。
実は彼が織田信長になる人物だったというオチはなかなかしびれました。

秀吉役の中尾明慶の演技は全くダメでしたが。。。(どこかで観たことがあると思ったら金八先生の生徒役でした)

ということでトータルで考えると

CHON的評価 50点

です。

banner_02

|

« 映画「宇宙戦争」 | トップページ | 雨のレオマワールド »

コメント

TBありがとうございました。
本当に突っ込み所満載の作品でしたが、個人的には楽しめる作品でした。キライじゃないです。
この作品の主役は北村一輝さんだったのでは、ないでしょうか。
それくらい目立ってましたね。
確かにいい声してます。
こちらもTBさせて頂きます。よろしくお願い致します。

投稿: any | 2005年7月 2日 (土) 02時23分

TBありがとうございますw
楽しめる人の限られる映画でしたね。
私は楽しめる側でしたw
中尾明慶って、ウォーターボーイズにも出てましたよね、確か。

投稿: ひろ | 2005年7月 3日 (日) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102853/4786049

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「戦国自衛隊1549」:

» 戦国自衛隊1549 [Lovely Cinema]
久しぶりに隣に他人がいるという混雑ぶり。来週のランキングでは「電車男」をぬいて1位だな!・・・なーんておもっていたら予告が始まったのに隣の男性は携帯を取り出してメールしている![:怒り:]なんて奴だ!! 見る前から怒っていたら、見終わっても怒っていたわ[:冷や汗:]だってぇ〜予告では江口さんたちが銃をかまえてなんかとっても緊張感ありそうな雰囲気だったのに・・・思いっきり期待ハズレ!クレヨンしんちゃんの「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」のほうがよっぽど物語りもしっかりとしていて泣けたわぁ〜〜[... [続きを読む]

受信: 2005年7月 1日 (金) 21時27分

» 戦国自衛隊1549 [うぞきあ の場]
今回も、『ローレライ』に引き続き、原作を読まずに観に行った。 良くもなく、悪くもなく、ビミョーな印象を持った。 とりあえず、良かったところ、悪かったところを書きます。 ☆☆☆☆☆ 良 ☆☆☆☆☆ ・ 陸自の全面協力を得られたこと。 ・ 伊武雅刀の斉藤道三 ・ 北村一輝の演技 ・ 綾瀬はるかの濃姫 ★★★★★ ? ★★★★★ ・ 濃姫のネタばらし(サル) ・ 関東を消滅させる為に、富士近辺に居城を築くのはわか... [続きを読む]

受信: 2005年7月 1日 (金) 22時24分

» ★「戦国自衛隊1549」 [ひらりん的映画ブログ]
劇場鑑賞券をゲットした「サハラ」はとりあえず平日回しにして・・・ チネチッタのレイトショウ・Wスタンプのためにこちらの作品を観る事に。 なんか知ってる顔の俳優さんがいっぱい出てくると安心するのが日本映画のいいところ。 元ネタである「戦国自衛隊」は、見た気もするけどウル覚えなので比較はなし。 2005年製作のSF時代劇・アクション、119分もの。 あらすじ 2003年のある日、陸上自衛隊の東富士駐屯�... [続きを読む]

受信: 2005年7月 2日 (土) 00時36分

» 戦国自衛隊1549 [キマグレ雑記]
見てきました!「戦国自衛隊1549」 はっきり言って、ありえな〜い!事だらけ。 でも、それ言っちゃったらオシマイなのね。 タイトルからしてすでにありえないから。 うん、ツッコミどころ満載の映画です。“ある意味”面白いですw 基本的にはオススメできません 突然、第3特別実験中隊が消えてしまう。 調べた結果、タイムスリップしてしまったようだ、と推測。 その時の様子を映したVTRを見させられた鹿島(江口)は、 「これはどういう事だ?」と真剣な顔。 え?!突然そういう反応ですか? まずは、何らかの編集とか... [続きを読む]

受信: 2005年7月 3日 (日) 15時22分

» 映画『戦国自衛隊1549』貴方は何点? [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?      ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                        0点□□□□□□□□□□10点      ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→ 何しろめっこり凹んでいる自分。脱却するには好きな映画を観�... [続きを読む]

受信: 2005年7月 5日 (火) 23時34分

» #24:戦国自衛隊1549 [(売れないシナリオライター)KAZZの呟き!]
KAZZのこの映画の評価   駄目だこりゃ~って言うか酷すぎやしませんか? 20年以上も前の”戦国自衛隊”の方が、数段完成度が高い 最後のあの終わり方、カット割りは何 特撮もしょぼ過ぎるし、お金をケチりすぎて映像に迫力が。。。 手を抜きすぎ、戦闘シ...... [続きを読む]

受信: 2005年7月 7日 (木) 02時08分

« 映画「宇宙戦争」 | トップページ | 雨のレオマワールド »