« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月31日 (水)

DVD「戦国自衛隊」(旧作です)視聴

先日「戦国自衛隊1549」が公開されましたが、それより26年前に公開された「戦国自衛隊」
当時小学生だった私ですが、超大作映画として非常に話題になったのは良く覚えています。

「戦国時代へ自衛隊がタイムスリップする」という基本的設定以外は、この2作の内容は全く違います。

「1549」の方を見た方々の感想で、旧作のほうが良かったという意見も多かったので、一度見てみたいと思っていました。

【以下ネタバレ注意】

主人公の伊庭義明(千葉真一)率いる演習中の自衛隊の部隊が、何の前触れもなくタイムスリップするわけですが、このシーンの映像はかなり古臭かったですね。
当時CGがあるわけでなく、映像処理でタイムワープっぽい表現をしていましたが、臨場感があるわけでもなく苦しかったです。
まあ当時としては仕方ありませんが。

タイムスリップしたことに気づいていない彼らの元に、馬に乗った武士たちが現れ、やがて長尾景虎(夏八木勲)率いる大軍がやってきます。
そのときの両者の反応が・・・・・????

景虎は見たこともない軍隊を前にして「同族じゃ!同族じゃ!」となにやらはしゃいでおり、それを伊庭はとまどいながらもにこやかに受け入れて、砲弾まで撃たせてあげたりする。
ありえねえ・・・・
お互いにとてつもなく警戒すると思うんですがね。
ましてや自衛隊はタイムスリップという現実が全く自覚できていない状態での対面。笑顔が出るような状況とは思えませんが。

あっさり伊庭と景虎は友人となり、伊庭は景虎の戦の応援をします。
一方で伊庭を嫌い、わが道を行く矢野隼人(渡瀬恒彦)らは、哨戒艇を奪い現地の女性をレイプしたりと好き放題。

手におえないと判断した伊庭は矢野らを殺してしまいます。

そして、伊庭の加勢で図に乗った景虎は主人である小泉越後守を殺してしまいます。
伊庭も武田信玄の首を取って天下を取ることで歴史が狂い、歪が生じて現代に帰れるかもしれないと、訳のわからないことを言って、強引に仲間をつれて武田信玄との決戦に臨みます。

さあここからは見せ場の大決戦!
戦国の大部隊と少数の自衛隊軍との現実に絶対ありえない戦いが始まります。
もちろん自衛隊の攻撃は強力なわけですが、敵の数の多さも尋常ではありません。

あの多さで八方から攻められたら少数の自衛隊はさすがにあっさり負けてしまう、と思いきや、そこは映画ですから一部の犠牲者を除いてきっちり勝っちゃいます。
伊庭は足に銃弾を受けながらも、単身信玄の元へ。
一騎打ちで信玄に刀を折られ絶体絶命となった伊庭は、ピストルでバン!と撃っちゃいました。おいおい。。。。
じゃあ最初から撃てば終わりだろ。。。はあ。

で、景虎と別々に京に向かいますが、一足先に京についた景虎は「伊庭の存在は許されない」という上皇(?)の言葉に、伊庭の殺害を決意。
京に向かう古寺で、部下たちにもう戦いをやめて元の場所に戻るように説得されますが受け入れません。
「隊長はただ戦いたいだけなんじゃないですか!?」という部下の言葉がずばり真実でした。
伊庭は現代の日本ではできなかった戦いに酔いしれていたのでした。

そこへ、景虎の部隊が登場。あえなく全員殺されてしまい。ジ・エンド。
寺ごと焼き払われてしまいました。
景虎はこうするしかなかったことを残念がっていました。単に自衛隊を自らの攻撃力として使用するためだけで伊庭と仲間になったわけではないことが伺えます。

ちなみに最後のシーンは、どうやら織田信長の本能寺炎上のシーンに見立てているようですね。
これで歴史のつじつまが狂うことなく収束したということなのでしょう。

で、感想ですが正直今ひとつでした。
最大の理由は、どの登場人物にも感情移入できなかったということです。

伊庭は自分のやりたいようにやるだけで、自らが殺した矢野と結局一緒です。
お気楽に夜這いに行く隊員たち、自衛隊員にレイプされながらも惚れてしまい、最後まで行動を共にする少女。
誰にも共感できません。

タイムスリップしたことの戸惑いや現実逃避、現地の人々を殺すことの罪悪感、元に戻れないのではという不安感、彼らには非常に多くの心情が働いたと思うんですが、その辺の表現が甘かったと思います。

あと、勘弁して欲しいのがしつこいくらいに挿入される多くの挿入歌。
全然世界観にあっていないし、話の流れは止まるし、がっかりでした。
この当時の角川映画はどれもこんな感じだったとは思うのですが、戦国の世界観が台無しです。

唯一良かったのは懐かしい俳優の方々を見ることが出来たことです。
コロンボの声優だった小池朝雄さん!懐かしい。
倉石功さんなんかも相当懐かしい。
あと若かりし、かまやつひろし、にしきのあきら、薬師丸ひろ子、真田広之等々、見ることが出来てよかったです。

あ、あと当時は自衛隊の協力が得られず、戦車なども全部造ったそうなのでそれはスゴイですね!
これと同じストーリーを現代で撮影すればもっと映像的にはすごかったでしょうね。

CHON的評価40点

banner_02

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2005年8月26日 (金)

NDS「やわらかあたま塾」購入

公式サイトはこちら

「かたい頭をもみほぐす」というキャッチフレーズで、結構売れているこのソフト。
ゲームに疎い人でもお気軽にできるということもあってか、人気があるようです。

買うつもりはなかったのですが、クラブニンテンドーのポイント獲得の目的もあって、今ごろになって購入しました。

やってみると、やはり評判どおり面白い!
思うように出来なかったりすると悔しくて、何度も何度もやっちゃいました。

問題もバリエーションに富んでいて面白いし、操作は簡単で小さい子どもでもできそうだし、なかなかイイです。

さて、頭のやわらか度ですが、購入2日でなんとか5段になりました。
各問題別ではプラチナメダルもいくつかもらえましたし、自分としてはなかなかの出来ではないでしょうか。

でも、37歳のおじさんにはこれ以上はもう無理っぽい。(笑)

ちなみに、ゲームを全くしないうちの嫁さんにやらせてみたところ、見事にハマったようで1時間ほどずっとやっていました。(笑)

年齢・性別を問わず本当にオススメのソフトです。
値段も売値2500円程度で安いですし。

↓欲しくなったらこちらへ


↓こちらも同様にオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月25日 (木)

DVD「デイ・アフター・トゥモロー」視聴

dayaftertomorrow2004年作品。公開当時はあまり気に留めていなくてほとんどストーリーも知りませんでした。

TSUTAYAにたくさん並んでいたので何となく借りてみたのでした。(笑)

主人公は古気候学者。彼は学会で、「このまま地球の温暖化か続くと数十年後~百年後に、極地の氷が溶け海流の流れが変わることによって、逆に地球規模の寒冷化が急激に進む」と発表しますが、突拍子もないとあまり相手にされません。

しかし、現実は彼の予想よりはるかに早く、その直後に海流の変化が始まったのでした。
地球(特に北半球北側)で、異常気象が多発し、陸上で巨大な嵐が発生します。それは大陸を飲み込むほど大きなもの。
地球は急激に冷却されていきます。

そんな中主人公は、ニューヨークに残された息子を救出に向かうのですが、そこには飲み込まれると一気に数十度も気温が下がるという嵐の『目』が迫ってくるのでした。。。。。
さあ、主人公と息子は??世界の人々は??

・・・・・って・・・・・

全然盛り上がりません。。。。。

【以下ネタバレ注意】

全体としては「愛」を描きたかったのだろうとは思いますが、おそらく世界中で何億という人々が死んでいっているであろう状況の中で、遠くニューヨークまで高校生の息子を助けに行く主人公に感情移入できません。
主人公はこの異常気象を最もよく把握できる立場の人間であり、もっとやるべきことがあるはずです。
高校生にもなった息子を何故助けに行くのか。そもそも主人公が行けば助かるわけでもあるまいし。
百歩譲って主人公は行っても良いとして、その友人2人まで行ったのがわからん。他にすべきことあるだろ、あんた達!

また物語的にも、アルマゲドンのように隕石爆破という最終目的があるのに対して、この映画には目的がありません。
ただ「嵐のピークが去る」ではあまりに物語として弱いのです。
前半は異常気象によるパニックで、まあまあの盛り上がりでしたが、後半は被災者の人々の描写も少なく、もっぱら父子の描写ばかり。

で、主人公は無事息子のところにたどり着き、めでたし。嵐のピークも去りました。
ん?主人公が行かなくても結局息子は助かっていたような。。。。。

最後も、助かったことを喜び合い微笑みあう親子。新大統領も「希望の光が見えてきました」とか言ってる。
え、なんかハッピーエンドっぽくしてる??

繰り返すけど、何億人もの死者を出した大災害ですよ。まだ危険な状態は続いているし、微笑が出るような状況じゃない。
まだ、瀕死の状態で生き残っている人もたくさんいるだろうし。

もはやリアリティ無視です。残念。

他にも、オオカミのシーンや都合よく漂流してきた船など、興ざめです。

CGは素晴らしい出来でしたけどね。CGは。。。。。

CHON的評価25点
banner_02

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年8月23日 (火)

GAMEBOY micro ファミコンバージョンがイイ!

9月13日に、任天堂から「GAMEBOY micro」が発売されます。
GAME BOY ADVANCE と互換機器になるのですが、なんといってもウリはその小ささ!!

昔のファミコンのコントローラとほぼ同じ大きさというから驚き!! といっていたら、本当にファミコンコントローラのデザインが発表になりました!
ここの動画を見てください。

すげえ!欲しい!! もう買うしかありません。 これでスーパーマリオをやるしかありません。(笑)

任天堂はなんて人の心をくすぐるのがうまいんでしょう。

このデザインのものは30代くらいの人にバカ売れしそうな気がします。

欲しくなったら、こちらで予約を。数量に限りがある可能性が高いのでお早めに。

| | コメント (1) | トラックバック (12)

2005年8月17日 (水)

映画「妖怪大戦争」

8月11日観賞 in MOVIX倉敷

特に観る予定はなかったのですが、時間があったので観てみました。

お馴染みの妖怪たちが実写で登場するのでなかなか面白いです。
河童の関西弁キャラが最高でした。「な、危ないやろ」はワロタ。

で、そんだけ。

まあ、わーわーいうて、わーわーして、わーわーと終わりました。

特筆すべき点もありません。

時間つぶしにはまあ良いかと。以上。

CHON的評価40点。

↓原作はこちらから
banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「スターウォーズ EpisodeIII シスの復讐」

8月11日観賞 in MOVIX倉敷

実はスターウォーズシリーズを映画館で観るのはこれが初めてです。
Episode IV~VIは、大まかにしかストーリーを知りません。TV放映されているのを流し見しただけ。

それでも主要な人物関係などは大まかに分かっています。
今回EpsodeIIIを観るにあたり、Episode I・II をDVDで観て予習しておきました。

今回はダース・ベイダー誕生というシリーズ全体を通しても特に重要な部分であります。期待して観て参りました!

【以下ネタバレ注意】

ジェダイとしての自覚・自分を一人前扱いしてくれないジェダイへの不信・暗黒面への興味・パドメへの深い愛情・・・・・
色々な気持ちが、アナキンのに中で深く絡み合います。。

良くも悪くも子どもっぽさを残したアナキンは、真のジェダイとなるには情が深すぎました。
アナキンの『大切な人を守りたい』という気持ちが純粋すぎて、暗黒面に進んでしまったことは実に皮肉です。

子どもも容赦なく殺し、そして最後はパドメに対しても憎しみの言葉を吐いてしまうアナキン。
ついにアナキンの心は崩壊し、暗黒面に堕ちました。

深い尊敬の対象であるのと共に、強い憎しみの対象であった、師匠オビ・ワンとの最後の対決。
自信過剰が災いし、アナキンは両足を切断され、全身火傷。。。。。
オビ・ワンはあえてとどめを刺さず、その場を去ります。

しかし、瀕死のところを皇帝パルパティーンに救われ、全身大手術を施されたダース・ベイダーとして生まれ変わるのでした。
例の黒いマスクを被って起き上がるシーンはすごく興奮しました。
「あのダース・ベイダーはこうして誕生した!!!」って感じですね。

一方、アナキンに悲観しながら双子を出産したパドメ。男の子に「ルーク」、女の子に「レイア」と名づけます。
そして死。。。。。

それぞれがひっそりと別々の惑星で育てられることになります。
こうして十数年後のEpisodeIVへと繋がっていくのです。

とにかく興奮しました。闘いも迫力ありましたし、映像はすごい。
しかしながら特筆すべきは、アナキンの心の変化の描写ですね。
今回はこれにつきます。

ダース・ベイダー誕生に隠された深い深い悲しみ。
すごいストーリーでした。

STAR WARSにそんな詳しくない私ですらこれだけ興奮したのですから、EpisodeIV以降に詳しい人は興奮しっぱなしだったのではないでしょうか。

改めてEpisodeIV~VIをDVDで観てみようと思います!

CHON的評価95点

過去の作品のDVDの購入はこちらから。banner_02

| | コメント (2) | トラックバック (12)

2005年8月 5日 (金)

映画「亡国のイージス」

観賞日8月4日(Movix倉敷)

出演:真田広之・中井貴一・寺尾聰・佐藤浩市

「ローレライ」「戦国自衛隊1549」に続いて、今年3本目の福井晴敏原作の映画です。

【以下ネタバレ注意】

ストーリー的にはやや難解であり、登場人物の行動倫理がよくわからない人が多かったですね。
あれだけの行動を起す限りは相当の信念を持ち死さえも覚悟していなきゃ出来ないと思うんですが、その割りにはみんな気持ちが揺らいでましたね。

主犯の一人である副長宮津でさえも、最後には気が変わっちゃうし。
息子の死で前が見えなくたっていたにしてはやりすぎでしょう。
この辺は、原作は長編ですので時間をかけて変わって行った描写が出来ているのかもしれませんが、映画では変わりようが早急に見えます。

また劇中で「日本は守るべき価値がない」とかいう言葉が何度も出ますが、その根拠となるものが提示されないんですよね。
だから犯人側に何も共感できない。
ヨンファ達工作員はともかく、副長以下隊員にはある程度共感させないとストーリーが浅くなっちゃいますね。単純な「善」vs「悪」にならないようにしないと。

アクションシーンは全般的に可もなく不可もなくといった感じですが、最後の撃沈されるかどうかの緊迫シーンは、結構ハラハラ楽しませていただきました。

で、エピローグシーン。
あんなに撃たれて刺された仙石がもう復活してる!!普通死ぬぞぃ。。。
あまけに腹を撃たれたはずの如月からの絵が届いて、彼も生きているという描写が。

ちょっと都合よすぎですねえ。

CHON的評価60点

原作はこちらから。

banner_02

| | コメント (1) | トラックバック (11)

映画「アイランド」

8月4日観賞(MOVIX倉敷)

出演
 ユアン・マクレガー
 スカーレット・ヨハンソン

公式サイトはこちら

テレビ等で結構予告が流れるのですが、「クローンもの」であるというネタバレを思いっきりしてますね。
観てみると、クローンものであること以外の大きな話のオチはなく、ストーリーとしては単純明快です。

でも面白くなかったのかと言われればそうではありません。
なかなか楽しめました。

【以下ネタバレ注意】

汚染され住めなくなった外界から隔離され、行動を管理される人々。
彼らの希望は、唯一汚染されていない自然が現存する『アイランド』への移住の抽選に当ることだった。

このあたりの説明はあまり丁寧ではないが、逆に細かく説明しないことで、大雑把には世界観を理解しながらも、色々な疑問を観客に抱かせる構造になっているような感じです。

主人公リンカーン・6・エコーが施設内で生きている虫を見つけたことなどから、徐々にこの施設と外界に対して疑問を深めていきますが、この辺の描写は自然な感じでうまく描かれていたと思います。

そしてついに、アイランド行きへ当選したはずの人が、臓器摘出手術を受けているのを目撃。
さらに子どもを出産した女性がその場で殺害されるのも目撃してしまいます。

この施設にいる人々は皆臓器提供や代理母となるためのクローン人間だと悟ります。
もちろん自分もクローンだと。。。。。
アイランド行きに当選するということは、その時が来たということで、死を意味するわけです。

好意を寄せていたジョーダン・2・デルタが、直前にアイランド当選していたのを思い出した彼は、彼女を救うべく2人で脱出を図ります。

ここからは超スリリングなアクションシーンが繰り広げられます。激しすぎるカメラワークにはちょっと辟易しましたが、なかなかスリリングなシーンでした。

やがて、リンカーン自らの『オリジナル』の住所を突き止め、二人は乗り込みます。
突然自分のところにやってきたクローンに対し、オリジナルがどう対応するかが見ものだったんですが、彼は協力するふりをして裏切りました。
この彼の性格は皮肉にもクローンであるリンカーンに引き継がれていて、リンカーンはオリジナルをクローンと誤認させ追っ手に殺害させ、彼に成りすまします。

しかし、成りすました後の描写など、外の知識が一切ないはずのリンカーンなのに、普通に機器を使いこなしていて、違和感がありました。

その頃施設では、クローン全体にリンカーンのような反抗体質が産まれやすい欠陥があったことが判明し、クローン全てを抹殺することにします。

その後、再び施設へ乗り込む機会を得たリンカーンは、あえて組織につかまったデルタとともに施設内で合流し、見事クローンたち全員の解放に成功します。
めでたしめでたし。。。。。。。。?

ん?解放したからハッピーエンドじゃないですね。
解放されたクローンたちにはみんなオリジナルが存在するわけで。彼らはこれからどう暮らせばいいのか。

この映画はあまり深く考えずなんとなく観る分には最高の映画です。
考えすぎると細かい部分が気になりますので(笑)

CHON的評価75点banner_02

| | コメント (3) | トラックバック (23)

2005年8月 1日 (月)

夏ドラマここまでの総括

夏期のテレビドラマも中盤に差し掛かってきました。
ここらでCHONが観ているドラマの感想を一通り述べたいと思います。

「スローダンス」(月曜21時放送)
主演:妻夫木聡・深津絵里

なんか妻夫木の演じるキャラはいつも似通ってますね。この前のオレンジデイズのキャラと何も変わらない。
一方深津はなんかかなりウザイキャラを演じている。
周りの、藤木や広末涼子のキャラにもなんら感情移入できず、何も面白くない。

ネットでも、かなり最悪と評判のドラマですが、まあそれもうなずけます。

ストーリー的にも、ここまでの前半部に大したヤマもなく、だらだらと進んでいます。
「月9」という肩書きにここまで負けているドラマも珍しい。

CHON的評価35点。


「海猿」(火曜21時放送)
主演:伊藤英明

私が原作を限りなく愛すこの作品。映画化されたままのキャストでTVドラマ化されました。

主人公伊藤英明演じる仙崎大輔のキャラはいまだに好きになれませんし、加藤あい演じる恋人キャラにも今一なじめませんが、ストーリー自体は非常に良いと思います。
海上保安官の過酷さが良く伝わります。
周りのキャラたちもそれぞれ背負うものがあったりする部分もよく描けています。

原作では、さらに非常に重い展開になりますが、どこまでテレビで描いていくのか非常に興味ありますね。

CHON的評価80点

「電車男」(木曜22時放送)
主演:伊藤淳史・伊東美咲

電車男を演じる元チビノリダーこと伊東淳史はオタクキャラにピッタリで、映画版の山田孝之よりはずっと役にあっていると思います。
一方のエルメスを演じるのは伊東美咲だが、ちょっとアクがなさ過ぎるかな。
原作のエルメスは「いい人」ながらもある意味変人っぽい側面を見せています。
映画版の中谷美紀はそういう面ではあっていたと思うのですが、伊東美咲は「普通の美人」という感じで少し面白みに欠けます。

ストーリー的には、原作にないエピソードを多く盛り込んできていますが、特に破綻はしていないように思います。
原作にあってもおかしくないようなストーリーに出来ているのではないでしょうか。

来週は、これまた原作にない、「陳釜さんに素性がばれる」という展開になるようで、かなり面白そうです。

CHON的評価70点

「女王の教室」(土曜21時放送)
主演:天海祐希・志田未来(子役)

で、このドラマのことを書かないわけにはいきません。
ネットでもかなりの反響です。悪い意味で。

鬼教師マヤはとにかく厳しいわけですが、その言動が厳しいながらも共感できるものであれば良いのですが、全く共感できないどころか法律違反(盗聴・プライバシー侵害等)・憲法違反(基本的人権侵害・教育を受ける権利侵害等)などなど、犯罪者的に強引な手法で、あきらかにやりすぎです。

『このドラマは悪魔のような鬼教師に小学6年生の子どもたちが戦いを挑んだ一年間の記録である』
という宣伝フレーズの通り、「鬼教師×子どもたち」という構図であれば、まだ単純に子どもたちを応援すればいいのですが、実際は「鬼教師with子どもたち × ごく一部の生徒」という構図になっており、かなり不快にさせられる展開です。

ストーリー的に第5話に来てそろそろなんらかの転換点があるのではないかと思ったのですが、それもないどことか益々視聴者を不快にさせる演出のオンパレード。
漫画を読みながら音だけをなんとなく聞いていたうちの嫁さんすら『不快だからチャンネルを変えてくれ』というほど。

製作者の意図を考えればここまではどう考えても「マヤを徹底的な悪者にする」という目的だとしか思えません。
少なくとも、マヤの「実は優しい面」や「実は反発してくる生徒を待っている」というような演出を見せていません。

既に5話終了にもかかわらずここまで徹底しているからには、ラストにはかなり大きな展開があるとしか考えられません。
通常の『起・承・転・結』でなく『起・・・・・』という展開をもくろんでいるような気がします。

少なくとも、視聴者を最初から最後まで不快にさせたまま終わればエンターテインメントとして成立しませんので、現在の不快状態が長ければ長いほどラストでは爽快な気分にさせてくれるのではないでしょうか?
というより、そうでも思わないとこのドラマを見つづけることは出来ません。。。

CHON的評価 -50点(でも最終回観終わったら大逆転するかも)

banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »