« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月12日 (月)

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」感想

2005年12月8日観賞 in MOVIX倉敷。

うぉ~~~、なんだこれは!
すごくいい~~~!!!!!!
圧倒的な世界観!感動のストーリー!
泣ける泣ける!涙が止まらない!!!!

いきなり取り乱してすみません。
昭和33年、東京タワー建設中の東京が舞台。という超簡単な設定しか知らずに観に行ったのですが、とにかくすごい。

まず、映像。
昭和33年といえば私の生まれる10年前であり、直接見ているわけではないのですが、とにかくその時代の再現度がすごい。
屋内セット・屋外セット・ミニチュア・本物のSLなどを、最新の映像技術で合成し、出来上がった映像は見事としか言いようがない。

そして三丁目に住む愛すべき人たち。
小さな車修理工場を営む鈴木一家。頑固なオヤジと暖かいお母さん、やんちゃな子ども一平。
そこに青森から住み込み就職してきた、ロクちゃんこと六子(むつこ)。
その向かいには売れない作家、茶川竜之介。茶川がほのかに思いを寄せる飲み屋のヒロミ。
そのヒロミから、無理やり茶川に預けられた子ども淳之介。
子どもたちから『アクマ』と怖がられる医者の宅間。

みんながみんな、とても熱く、暖かく、優しく、純粋で心を打つ。

何もない時代であっても子どもたちは毎日最高に楽しそうだ。
大人たちも素晴らしい明日を夢見て一生懸命一日を過ごしている。

心温まる小さなエピソードが折り重なり、最後に大きな感動を与えてくれる。

今まで映画を観て多少涙したことはあったが、これほど泣いた映画はない。
最大の泣かせどころは、ある意味ベタな展開ではあるものの、そこまでで既にこの映画の世界にどっぷり漬かってしまっていた私は、あふれる涙をこらえきれなかった。

観終わった後、急いで両親に電話した。
是非観てほしい映画があると。最高の映画だと。

実は今まで私は寅さんシリーズとかも全然見たことがなくて、こういう映画に耐性がなかったのかもしれませんが、とにかく良かった!

この映画を観ると、現代には便利なものがあふれていて何でも手に入るが、その代わりに何か日本人として大切なものを失ってしまったのではないかと思わずにいられません。
日本人なら絶対観るべし!

今年観た「バタフライ・エフェクト」で95点をつけたのですが、これを超える評価です。

CHON的評価99点!! (*^^)//。・:*:・゚'★,。・:*:♪・゚'☆パチパチ

マイナス1点は、CG合成で一部あきらにCGだとわかるレベルの低い人物合成があったことです。残念。

↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02


| | コメント (2) | トラックバック (17)

映画「Mr.&Mrs. スミス」感想

2005年12月8日観賞 in MOVIX倉敷。

結婚5~6年を過ぎたスミス夫妻は、倦怠期に。
ただ平凡な日々を過ごす彼らだったが、実は二人とも別組織に所属する殺し屋だった!
偶然、共通のターゲットを狙い衝突してしまった二人。
自分の正体を知られたら48時間以内に相手を抹殺しなければならない!
二人は平静を装いながら相手を殺そうと試みるが。。。。。

面白そうなストーリー設定で期待して観に行きました。
結果は、失敗でした。。。

この映画は派手なアクションシーン付きコミカル恋愛映画なのです。
普通のハリウッドアクション大作だと思って観に行くと、すかされます。

それにしてもあまりにもストーリーが軽い。
ストーリーは一本道で、なんらドキドキもハラハラもさせてくれない。
敵に追われていても緊迫感を感じられない。

アクションシーンは派手ではあるが、アイ・ロボットやアイランドなどの映画にははるか及ばず、演出もしょぼい。

こんなに拍子抜けするとは。。。
ちなみに、終了10分くらい前から、私の席の近くでぐ~ぐ~という大イビキが聞こえていました。
普通なら「うるせ~」と立腹するところですが、今回は「まあしょうがないよね」と納得してしまった。

CHON的評価20点

↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2005年12月 9日 (金)

映画「チャーリーとチョコレート工場」感想

観賞日11月10日 in MOVIX倉敷

観る前から宣伝などで、ジョニー・デップ演じるウィリー・ウォンカが強烈な印象を与えてくれます。

従業員を全員クビにしたはずの工場から大量に生産されるチョコレート。しかしそのチョコはとてつもなくうまい!
いったい誰がどうやって作っているのか。
その秘密を、チョコに隠されたゴールデンチケットを手に入れた子ども5人にのみ公開されることに!
主人公チャーリーは貧しいながらも両親と4人の祖父母と楽しく暮らしていた。
そんなチャーリーが見事ゴールデンチケットを引き当てた!
そして工場に招待される5人の子どもとその保護者。さて工場の中の秘密とは??

あらすじからして子供向けのファンタジー映画かと思ったらちょっと違う。
観てみると、結構ブラックでシュールな場面満載。

段々子どもが脱落していって最後の一人に。。。という大きな流れとは別に、ウォンカ自身の人生の歩み・トラウマ・父への思いなどが描かれているのは面白かった。
ウォンカと父の再会シーンは感動的でしたし。

しかしながら全体としては何故かあんまり楽しめなかった気がするんですよね。
何かがもうひとつ足りないというか。
原作があるので仕方ないとは思うのですが、ラストをもっと突拍子もない感じにしてもよかった気がします。

CHON的評価65点

↓DVDを予約したい人はこちらで出来ます。


↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02

| | コメント (0) | トラックバック (1)

映画「コープス・ブライド」感想

11月10日観賞 in MOVIX倉敷。
1ヶ月遅れの感想になってしまいました。

ティム・バートン監督のストップモーションアニメ。

ストーリーは、結婚前夜の気弱な主人公が、結婚式での誓いの言葉の練習に森に入っていって、間違ってそこで死んでいた幽霊にプロポーズしてしまい。。。。というもの。

ストップモーションアニメであそこまでの映像を再現できるのはすごい!
でも。
最近はCGで何でも出来てしまうので、CGだと勘違いして観た人がいるとすれば大して驚かなかったでしょう。
アナログ的な撮影を行う限りは、アナログらしさを映像に出して欲しかったですね。
これでは普通にCGでやればいいんじゃないの?と思ってしまいました。

ストーリー的にも、どうも主人公に感情移入できずいまいちでした。

某映画批評サイトで好評だったので期待したのですが、私にもどうもダメでした。

CHON的評価40点

↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月 2日 (金)

PS2「バイオハザード4」購入

バイオハザードシリーズは、PSでの1・2・3をプレイしたのですが、3の途中のバトルでどうしても勝てず投げ出していました。

しばらくGCを中心に出ていたバイオシリーズがついにPS2で発売されたということで、久々にやってみよう!と購入しました。

3を途中止めしたこともあり、今回の4は難易度「EASY」で始めることにしました。

夜中に静かな部屋で一人プレイしているととても怖いです。
扉を開ける瞬間。廊下の角を曲がる瞬間。いつも、向こうにゾンビがいるかも!という緊張感があります。

ゾンビもハンドガン1発2発撃ったくらいじゃ死なないので、また撃とうとしたら弾がなくて、慌てて弾込めている間にゾンビが近づいて。。。ぎゃあああああ!
これぞホラーアクションゲームの醍醐味でしょう。

暴力的・グロテスク・残酷と何かと批判を浴びることも多いこのゲームですが、やはりゲームとしてはとてもよく出来ています。

今回は最後までクリアするぞ~~~っと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »