« 折原一著「倒錯の帰結」 | トップページ | 東野圭吾著「ゲームの名は誘拐」 »

2006年2月16日 (木)

折原一著「耳すます部屋」(短編集)

う~ん、折原氏らしい叙述ミステリーなのだが、かなり物足りない。
ただ単に意外なラストだけに重点を置いている感じがして、物語としての完成度が低いように思えます。
先日の今邑彩著「よもつひらさか」のほうが、ひねりが効いていて、なおかつ余韻が残るラストで、レベルとしては数段上でしょう。

ただ、唯一「真夏の誘拐者」だけは面白かったです。

CHON的評価

↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02


|

« 折原一著「倒錯の帰結」 | トップページ | 東野圭吾著「ゲームの名は誘拐」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102853/8691099

この記事へのトラックバック一覧です: 折原一著「耳すます部屋」(短編集):

« 折原一著「倒錯の帰結」 | トップページ | 東野圭吾著「ゲームの名は誘拐」 »