« 岡嶋二人著「99%の誘拐」 | トップページ | 折原一著「耳すます部屋」(短編集) »

2006年2月15日 (水)

折原一著「倒錯の帰結」

前半・後半・中央の袋とじの3部に分かれていて、前半を読むと横溝正史氏の作品を連想させる「首吊島」、後半を反対から読むと「監禁者」という別々の2つの物語を読むことが出来、最後に中央の袋とじを破って読むことで、2つの物語のリンクと真相が明らかになります。

折原氏の作品はいつも、『作中作』だったり『作中作中作』だったりして、何が本当なのかわからくなるような構成なのですが、この作品はその真骨頂とも言えるものでした。
パズル的な構成が最後にばっちりとはまるというよりは、ある部分でははまっているが全体を見るとどういう形なのかやっぱり分からないというような不思議な作品です。

倒錯シリーズの完結編としての完成度、面白さは最高だと思いますが、最後はやはり無理が出ていたように思います。
身内ネタもどうかと思いますし。。。(読めば分かります)

CHON的評価 ★★★☆☆

↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02


|

« 岡嶋二人著「99%の誘拐」 | トップページ | 折原一著「耳すます部屋」(短編集) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102853/8675593

この記事へのトラックバック一覧です: 折原一著「倒錯の帰結」:

« 岡嶋二人著「99%の誘拐」 | トップページ | 折原一著「耳すます部屋」(短編集) »