« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月23日 (木)

井上夢人著「オルファクトグラム」

オルファクトグラムとは嗅覚のこと。主人公の男性は実の姉を暴行され殺される現場に乗り込んだ際、犯人に殴られ1ヶ月間意識不明に。
意識を取り戻した彼は、とてつもない違和感を感じる。人には見えない色々なものが見えるのだ。
段々と、それが匂いが視覚的に認知されていることに気づく。しかも匂いの感度で言えば犬以上の嗅覚に相当する。
彼はその嗅覚を利用して、行方不明の友人の捜索を開始する。
それはやがて、姉を殺した犯人探しへと発展していく。。。。。。

かなりの長編ではありますが一気に読めました。面白い。
自分は科学的なことが大好きなのが、嗅覚を視覚的に認知するという理論の解説は非常に興味深かったです。
ひょっとしたら実際にそんなことがある得るかも!と思わせるだけのものがありました。

文庫本の上巻では、主人公の嗅覚そのものの解説が中心となっていき、ストーリー的に大きな進展はありません。
後半ではいよいよ犯人を見つけ、追い詰め、対決するわけですが、肝心の対決シーンはあまり盛り上がりませんでしたので少し残念です。

主人公が直前にxxxxを入手したことで、最後でそれを使用するであろうことは当然予測できるわけで、その上で、なかなかそれを使えない状況だったり、犯人に取り上げられたりといったことがあるわけでもない、緊迫感が少し薄い展開でした。

しかし全般に渡って、主人公が超嗅覚を使って周りが愕然とするシーンは快感でした。
部屋に入っただけで、そこにいる人が朝ご飯に何を食べたか当てたり、何日も前に停まっていた車のタイヤの匂いから車の大きさを割り出したり、とにかくすごい。
まさしくスーパーマン。

ハリウッドで映画化されたら結構面白い作品に仕上がるんじゃないでしょうか。
と、おもったら既に日本でビデオ化はされていたみたいです。
もう絶版なのですがどうしても見たくて中古で購入しちゃいました。
まだ観てないんですけどね。

CHON的評価

↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

映画「県庁の星」観賞

織田裕二・柴崎コウ主演。

県庁で出世街道まっしぐらのエリート野村(織田裕二)は、200億円の大プロジェクトを控え、民間企業への研修メンバーに選ばれた。
そこで実績を残し半年後華麗に大プロジェクトに復帰するつもりであったが、研修先のスーパーはすっかり堕落しており、彼の教育係となったパートの女性(柴崎コウ)には全く相手にされない。
野村は自分なりにスーパー復興へ努力するが、誰にも相手にされないばかりか失敗ばかり。
彼の支えであった復帰後の大プロジェクトも、いつのまにか彼がメンバーから外されていることがわかり、婚約相手にも振られ、彼は挫折する。
野村は立ち直れるのか?スーパーは復興できるのか?そして県庁の大プロジェクトは・・・・?

物語としては、正直珍しくもない展開です。
自信家のエリートが挫折して、周りの人々に対し段々心を開いて、現場を理解して、皆で協力して、最後は大成功!

いわゆる「ベタ」な展開ではあるものの、そこは流石に織田・柴崎の力のせいか、結構面白く観れました。
少なくとも観ながら「つまんねーー」とは思わずそこそこ楽しめました。

でも、やっぱり観終わってしばらくして、思い起こしてみるとやはりそんなに面白くもない・・?。
正直あまり感想を書くことがないわけです。(笑)

しょうがないので余談話を。
舞台となったスーパー「満天堂」のロケは私の地元岡山県のスーパー「ポルカ天満屋ハピータウン」で行われたそうです。
つまり「天満屋」をもじって「満天堂」です。
撮影に使用された店舗では、現在「県庁の星写真展」が開催されているようです。
岡山県の皆さん、興味があれば行ってみましょう!こちら

CHON的評価60点

最後にちょっとネタバレ感想。(反転)
最後の県知事の「前向きに検討しますって言ったでしょう」は唯一意外な展開でした。強烈。
そう簡単に政治は変わらないってことですね。

↓この記事に共感した方はクリックをお願いします
banner_02


原作はこちらからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年3月 3日 (金)

PS2「龍が如く」が面白い!

ブログの女王こと真鍋かをりさんが熱中していることでも有名(?)な、PS2「龍が如く」
プレーヤーは硬派なヤクザ「桐生一馬」となり、波乱万丈な人生を体験していきます。

真鍋かをりさんがマジボレしてしまったとおり、桐生は硬派で義理人情に溢れ、熱い男です。
声も渋くてむちゃカッコイイです。

このゲームは要所要所でバトルをこなしながら、ストーリーを進めていくいわゆるアドベンチャーゲームなのですが、このゲームのウリはなんといっても
新宿歌舞伎町をイメージしてリアルに作りこまれた、神室町という町を自由に歩き回れることです。

もちろんただ歩き回れるだけでなく、コンビニでおにぎりを買ったり、牛丼屋やラーメン屋で食事したり、パチスロで遊んで稼いだり、バクチをしたり、キャバクラでねーちゃんを口説いたり、バッティングセンターでひたすら打ったり、通りすがりのチンピラに絡まれて叩きのめしたり、道行く人に何かを依頼されて解決してお金をもらったり、ゲーセンでUFOキャッチャーで遊んだり、バーで静かに酒を飲んだり、と本当になんでもありって感じで遊べるわけです。

また、バトルも面白いのが、落ちているものや看板、机、イスなどいろんなものを武器として使用できるんです。
落ちている傘を拾って敵を叩いたり、ビールケースでノックアウトしたり、挙句の果てには灯篭で叩きのめしたり、やりたい放題。
このへんもたくさんこなす必要のあるバトルが退屈しなくてすむようになっています。

街で遊ぶのが面白くて、ついついストーリーを進めるのが遅くなってしまいました。
3週間ほどのプレイで、全13章のストーリーのうちやっと9章が終わりました。

とりあえずファイナルファンタジー12が発売されるまでには終わらせられるよう頑張ろうと思います。

↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »