« 井上夢人著「メドゥサ、鏡をごらん」 | トップページ | 映画「県庁の星」観賞 »

2006年3月 3日 (金)

PS2「龍が如く」が面白い!

ブログの女王こと真鍋かをりさんが熱中していることでも有名(?)な、PS2「龍が如く」
プレーヤーは硬派なヤクザ「桐生一馬」となり、波乱万丈な人生を体験していきます。

真鍋かをりさんがマジボレしてしまったとおり、桐生は硬派で義理人情に溢れ、熱い男です。
声も渋くてむちゃカッコイイです。

このゲームは要所要所でバトルをこなしながら、ストーリーを進めていくいわゆるアドベンチャーゲームなのですが、このゲームのウリはなんといっても
新宿歌舞伎町をイメージしてリアルに作りこまれた、神室町という町を自由に歩き回れることです。

もちろんただ歩き回れるだけでなく、コンビニでおにぎりを買ったり、牛丼屋やラーメン屋で食事したり、パチスロで遊んで稼いだり、バクチをしたり、キャバクラでねーちゃんを口説いたり、バッティングセンターでひたすら打ったり、通りすがりのチンピラに絡まれて叩きのめしたり、道行く人に何かを依頼されて解決してお金をもらったり、ゲーセンでUFOキャッチャーで遊んだり、バーで静かに酒を飲んだり、と本当になんでもありって感じで遊べるわけです。

また、バトルも面白いのが、落ちているものや看板、机、イスなどいろんなものを武器として使用できるんです。
落ちている傘を拾って敵を叩いたり、ビールケースでノックアウトしたり、挙句の果てには灯篭で叩きのめしたり、やりたい放題。
このへんもたくさんこなす必要のあるバトルが退屈しなくてすむようになっています。

街で遊ぶのが面白くて、ついついストーリーを進めるのが遅くなってしまいました。
3週間ほどのプレイで、全13章のストーリーのうちやっと9章が終わりました。

とりあえずファイナルファンタジー12が発売されるまでには終わらせられるよう頑張ろうと思います。

↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02


|

« 井上夢人著「メドゥサ、鏡をごらん」 | トップページ | 映画「県庁の星」観賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102853/8923729

この記事へのトラックバック一覧です: PS2「龍が如く」が面白い!:

« 井上夢人著「メドゥサ、鏡をごらん」 | トップページ | 映画「県庁の星」観賞 »