« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月27日 (木)

タイムトラベルの大傑作「マイナス・ゼロ」

最近観た映画で、タイムトラベルものがいくつかありました。

傑作だった「バタフライ・エフェクト」あり、駄作だった「サウンド・オブ・サンダー」あり、さらには「戦国自衛隊1549」、DVDで「タイムライン」も見ました。
一昔前なら、バック・トゥー・ザ・フューチャーという傑作もありました。

いずれもエンターテインメントとしては良くても、タイムトラベルそのもののに関する設定は少なからず強引です。

タイムパラドクスをいかに上手く説明できているかという部分については、納得する作品に出会ったことはありません。

そもそも、もしタイムマシンが出来たとすれば、必ずタイムパラドクス(矛盾)が発生します。

有名なのがいわゆる「親殺し」ですね。
タイムマシンで過去に戻って自分を産む前の親を殺したら、自分はどうなるのか?
親が死んだ以上、自分は生まれないはずであり、生まれないと親は殺されなかったことになり、親が死ななければ自分が生まれて親を殺したはずであり。。。

他にも、過去に何らかの変化を加えてしまったら、現代には大きな変化が起きるはず、という前提があり、このテーマを「サウンド・オブ・サンダー」では取り扱っていました。
「戦国自衛隊1549」も同様ですね。
しかし、映画では過去で与えた影響が、現代に急に現れることになっていますが、それはありえません。

100年前に変化があれば、それはその後100年に渡ってずっと変化が広がっていくわけで、急に現代が変わるなど、基本的なタイムトラベルの知識がまちがっています。

この変のややこしい概念を勉強するのにもってこいなのが、広瀬正著「タイムマシンのつくり方」。
別に解説本であるわけでなく、短編小説集です。これはいいですよ。

タイムパラドクスを説明する方法として色々な解釈があるのですが、それを小説の形でわかりやすく著しています。
傑作です。

そしてその広瀬正氏が書いたSFタイムトラベルものの大大傑作が「マイナス・ゼロ」という作品です。
これはすごい。
本当にすごい。
タイムトラベルによるパラドクスを逆手にとった見事なストーリーを展開します。
読み終わった後、感激しますよ!!
ええーー!!こんなのあり!!すごい!!すごすぎるよ!!てな感じ。(ちょっと誇張)

惜しむらくは、この小説が書かれたのが昭和40年ごろで、小説の中の「現代」が昭和38年と今から40年以上前のため、世界感が古すぎることですね。
過去に戻った先は昭和7年だったりして、世界が違いすぎます。
しかし、小説として面白いのには変わりありません。
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」が大ヒットしたことを思えば、逆にこういう作品が受け入れられる可能性もありますし。

ただ、最大の問題は、この小説がとっくの昔に絶版になっていて、今では本屋で買えないことです。
「タイムマシンンのつくり方」も同様です。
Amazonのユーズドコーナーでは、文庫版がいずれも1000円~1500円くらいで買えますので、興味ある人はいかがでしょう。

↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02



| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年4月17日 (月)

映画「サウンド・オブ・サンダー」鑑賞

原作はSF界の大御所レイ・ブラッドベリの同名小説らしい。そちらは未読です。

ストーリーはこんな感じ。
近未来の地球。タイムマシンが発明され、それを使って白亜紀で恐竜狩りをするツアーが人気となる。
ただし、過去に影響を与えることで現在に変化が起きてはまずいので、エモノは直後に火山の噴火で死ぬことが判っている恐竜1匹。
それを5分の短い時間の中で限られたエリアから出ないようにしてしとめる。
なんの問題もなく繰り返した恐竜狩りだが、あるとき恐竜狩り直後から地球に変化さどうしてが起き始める。
調査の結果、仮の際に過去から1.3gの何かを持ち帰ってしまったと判明。
地球の変化は段階的に発生し、植物→下級生物→高等生物 と、徐々に変化していく。
最後に人が変化する前に、過去を戻して現在を救えるのか??

この映画は製作開始から完成までに様々なごたごたがあったらしく、CGの質が悪いとか評判になっていました。
自分としては、CGはどうでもいいので肝心のストーリーに注目しました。

しかしながらストーリー的にも突っ込みどころ満載。。。。
この手のタイムトラベルものは「過去に変化があると、現代にこのように変化が起きるという前提で観てください」てなところがありますね。
今回は、過去が変わると、現代に段階的に「変化の津波」がやってきて、下等な生物から段階的に変化していくとのこと。
まあありえませんがね。
他にもいろんな部分に無理がありすぎて、突っ込むのに疲れるほどです。

【以下、ネタバレ書いてますので、見たくない人は飛ばしてください】

あえて突っ込むと
・いつも同じ時間にタイムスリップしていたなら、前回タイムスリップした人と重なってしまうのでは?
・例のチョウだって、火山の噴火で死ぬ運命だったのでは?
・過去を変えた変化が段階的に起こるなら、過去を戻した変化も段階的に起こるのでは?
 変化自体がなかったことになるというのは都合良過ぎ。
・バイオフィルターがあったとしても、チョウを踏んだ時点でもうOUTだと思われ。

【ここまでネタバレ】

タイムトラベルものは大好きなだけに、あまりに適当な設定は勘弁して欲しいところです。

同じタイムトラベルものでは、昨年の「バタフライ・エフェクト」が最高だっただけに。。。。

CHON的評価 40点

なーーーんにも考えずに見てる分には面白いと思いますが。

↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

DVD「セルラー」観賞

2004年アメリカ作品。

訳もわからず誘拐され監禁された生物教師である女性主人公ジェシカ(キム・ベイシンガー)。
監禁された部屋にある壊された電話を理系ならでは知識で部分的に修復。奇跡的に繋がった先は見ず知らずの若者ライアン(クリス・エヴァンス)。
誘拐された状況を説明するがなかなか信じてもらえない。やがて若者も段々自体を把握し、女性の救出に全力を尽くすのだが。。。。

ハラハラドキドキの息をもつかせぬスピーディーな展開。だが、なかなか思うように行かない展開がもどかしい。

【以下、ネタバレでの感想がありますので、その部分は文字反転します】

最初、男は警察に行こうとして電波状況が悪くなり断念するのだが、その後も警察を呼ぼうと思えば何とかできたはずであり、女性救出のためにいろんな犯罪を犯してしまうよりよほど現実的。
充電器を手に入れるためだけにあんなことをするくらいなら、そのときに警察を呼んでもらえばいいよね。
後半で、犯人一味が警官であることがわかり、警察はあてにならないことがわかるのですが、それまでの展開はちょっと強引。

まあそんなことを言ってたらこの映画は成り立たないですね。
この映画はあくまで「監禁された女性」「女性との電話を接続させたまま奔走する男」の物語ですから。
そして、その二人に次いで存在感を示したのが、定年間際の警官ムーニー(ウィリアム・H・メイシー)。彼が絡んで話を面白くしています。

視聴者は誰が悪の親玉か途中でわかる訳ですが、なかなかムーニーがそれに気づいてくれないのがもどかいいんですよね。
ムーニーが気づいてからは、彼が大活躍!とても定年間際とは思えないアクションでみごと悪を倒してめでたしめでたし、と。

題名である「セルラー」(携帯電話)もちゃんと最後にキーアイテムになっていて、しかもその布石がちゃんと冒頭にあるところは上手い!
謎解き要素があるわけではないが、スピード感溢れるハラハラアクションの連続はそこそこ面白かったですね。

冷静に考えると、ジェシカの夫は何故例のブツをしかるべきところに届けず貸し金庫に保管していたのか、とか設定に適当な部分はありますが、細かいところを考えずに見れる映画としてなかなか良かったではないでしょうか。

CHON的評価75点

↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

TVドラマ「白夜行」最終回

放送終了後、3週間近くの感想になってしまいました。。。。(^^;;;

第1回の放送から当然欠かさず見つづけました。

主人公二人の接触を一切描写せず、感情の描写も無い原作本と違って、ドラマでは二人がどのように生きてきたのかがじっくりと描かれました。
子どもの時のあの事件以来、太陽の下を歩けなかった二人の深く悲しい人生。
とても悲しいです。

原作と描き方は異なれど、これはこれでドラマとして高く評価できると思いました。

私が大きく評価するのは、武田鉄矢演じる笹崎の存在です。
原作以上に存在感があり、二人にどんどん迫っていく演技は怖いほどで、とても引き込まれました。
そして最終話で、刺された後に亮司に言う笹崎のセリフには泣けました。
「栗原典子、第一子誕生!」のセリフは、深く深く亮司の心に突き刺さったはずであり、見ている私も涙があふれました。

笹崎・篠塚の説得むなしく、二人はついに太陽の光を浴びないままの人生となってしまいました。

重く悲しく救われないドラマでしたが、よいドラマだったと思います。
原作とは違った切り口であったことはドラマとしては成功だったでしょう。

また何年後かに原作を読み直してみようかな。

↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02

原作本はこちらかどうぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »