« 映画「LIMIT OF LOVE 海猿」観賞 | トップページ | 映画「-less」(DVD)観賞 »

2006年5月23日 (火)

映画「トム・ヤン・クン」鑑賞

実は前作「マッハ!」は見ていないのですが、様々なメディアで話題になったのは知っています。
とにかくとてつもないアクション映画で、想像を絶するシーンの連続だとか。

今回の「トム・ヤン・クン」は、「マッハ!」同様、監督=プラッチャヤー・ピンゲーオ、主演=トニー・ジャー ということで、ストーリー的には関連は無いものの、正当な続編と呼べるものです。
また、今回は『関節技』をメインに闘うということで、あまり見たことの無いアクションになるのではと期待して観に行きました。

ストーリー的には、タイで象と共に平和に暮らしていた、主人公カーム(トニー・ジャー)が、ある組織に象を盗まれてしまい、それを取り戻しにシドニーまで乗り込んでいく、という単純なものです。
正直言って、ストーリーははちゃめちゃです。
シーンのつながりも悪いところが多いし、相当無理のある展開の目白押しです。

しかし、この映画はそんな細かいことはどうでもいいんです。
とにかく、トニー・ジャーのアクションを見ればいいんです!

まあすごいのなんのって。
アクションはとにかくケタ外れ。ジャッキー・チェンの昔のカンフー映画を思い出しても、ひけを取らないばかりか完全に超えてます。

技なんかほとんどマジで当てている感じです。
また、今回は関節技を多用するのですが、見ていて「マジで骨折れてるんじゃないの?!」といういうくらい痛々しいです。

ということで、前後しちゃいましたが、「マッハ」も見なきゃ!と。

CHON的評価75点

↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02

|

« 映画「LIMIT OF LOVE 海猿」観賞 | トップページ | 映画「-less」(DVD)観賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102853/10206663

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「トム・ヤン・クン」鑑賞:

« 映画「LIMIT OF LOVE 海猿」観賞 | トップページ | 映画「-less」(DVD)観賞 »