« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月26日 (月)

信じられない!!PART2

先々週のの小関3塁踏み忘れ、先週の走らない鈴木、とありえないプレーに見舞われ勝ち星を逃し続けている上原ですが、なんと2度あることは3度!
昨日もまたしてもありえないプレーで勝利を逃しました。

主人公は三流助っ人外人ディロンです。
3塁を守っていたディロンですが、2-2で同点の4回裏2アウト2塁で超平凡なサードゴロを捕ると、なんと1塁に投げずに2塁ランナーを挟みに行きました!
アンビリーーーーバブル!!
打者が俊足だったわけでもなく、目の前のタッチしやすい場所にランナーが来たわけでもない。
ただ、視界に2塁ランナーが入った。それで思わず挟みに行ったと。。。。
その挙句、ランナーにぶつかって走塁妨害を捕られチェンジならず。

あまりのアホアホプレイに気力を削がれた上原はその後タイムリーを許し3失点。

今まで30年以上プロ野球を見てきている私ですが、これほど最低なチームは見たことがないです。
序盤は、チームも良くまとまっていて、適材適所に若手を使う原監督の起用もずばりとあたり、ノリにのっていた巨人ですが、わずか2ヶ月でこんな状態になると誰が想像したでしょう。

長いシーズンですから、負けが込むこともありますが、現在の巨人はもうそういうレベルではなく、勝てる要素が見当たらないという感じです。
こんなんじゃあテレビ局が中継してくれなくなるのでは。。。

う~~~ん、もうどうでもいいや。

↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

信じられない!!

とりあえず昨日は、サッカーで日本が勝たなきゃいけない試合で勝てなかったということで、みなさん意気消沈していると思いますが、個人的にはもっと意思消沈しているのが巨人。。。

昨日はまったくもって信じがたいプレーで負けました。先日の小関の3塁ベース踏み忘れよりも信じられない。

三振をバッタバッタと奪い好投の上原。1-0とリードしながら6回表、2アウトから2連続ツーベースを打たれ同点に。
続く4番フェルナンデスのあたりは2塁後方へのフライ。これを木村がまさかの落球で楽天が逆転。

その裏巨人は1アウトから俊足鈴木が相手のエラーで出塁。先ほどエラーの木村がしぶとく四球を選んだものの続く二岡はショートゴロで2アウト1塁3塁となり、4番李スンヨプの登場。

エラーで逆転されムードの悪い巨人。そんな悪い流れを止めようとしてか、李がなんとセーフティバンド!!
これが3塁線に見事に転がり、大成功!!!やった!!

ん!!!

なんと3塁ランナーの鈴木がスタートを切っていない!!!得点ならず!
続くディロンはセンターフライに倒れ巨人無得点。

。。。。。
もうなんと言ってよいか。。
あの場面は2アウトですし、3塁ランナーはなんの判断も必要な場面ではありません。ゴロだろうがフライだろうが、バットに当った瞬間とにかくスタートを切るだけ。他の選択肢はないのですから。
にもかかわらず、スタートを切っていない!?!?ハァ?

もう、アフォとしか言い様がありません。
12球団探してもあの場面でスタートしない選手は鈴木だけでしょう。もはや鈴木は野球人ですらありません。

悪い流れをなんとか変えようとした李の意図は丸つぶれ。
この最悪の展開に、まだ試合は7~9回が残っていたにも関わらず、完全負けムード。
そのままあえなく敗退。

いつも思っているんですが、野球って「センス」だと思うんです。
打撃が上手いとか球が速いとかあっても、トータル的な野球センスの有無が選手の価値を大きく左右するように思います。
イチローなんかはセンスのいい選手の代表ですね。

打てるだけ、守れるだけ、走れるだけの選手は要りません。

ほんともう鈴木選手の顔はみたくもありませんわ。。。

↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年6月 7日 (水)

映画「オープン・ウォーター」(DVD)鑑賞

ダイビングツアーに参加したカップル。ダイビングを楽しんで水面に上がってみると、待機しているはずの船がいなくなっていて、二人は遭難してしまうという単純なストーリー。

とある映画評論サイトで「怖い!」と評判だったので観たのですが、正直いまいちでした。
サメがウヨウヨいる中で漂流することの怖さは十分伝わるのですが、さすがにあまりにもストーリーに起伏がない。

基本的には実話であるというのをウリにしているので過剰な演出をしなかったのでしょうが、エンターテインメントとしては成り立っていないような気がします。

厳しいようですが。。。

CHON的評価20点

↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 5日 (月)

YouTubeを知っていますか?

最近、YouTubeという動画サイトにハマっています。

世界中から10分未満の短い動画がアップロードされていて、自由に観ることが出来るのですが、なんといってもその数がハンパじゃない。
素人が取ったビデオから、スポーツ・ドラマ・バラエティ・アニメなどの動画がこれでもかという程存在します。

個人的には、懐かしいアニメのオープニングやエンディングの動画がたくさんあるのが嬉しいです。

今回はその中で個人的に懐かしかったものをいくつか紹介します。
【注】回線によっては再生開始までにかなり時間が掛かる場合がありますのでご注意ください。

まずは、水島野球漫画の傑作「野球狂の詩」のオープニング・エンディング。

特にエンディング曲は素晴らしい。
今聴いてもしびれます。

次に、「わんぱく大昔 クムクム」
懐かしい!!

「ケロっ子デメタン」もどうですか?

その他、懐かしいアニメやドラマの映像が探せばいくらでも出てきます。これは最高。

YouTubeは、日本では「ようつべ」との愛称でどんどん広まっているらしいです。

ただ多くの動画が、基本的には著作権法違反であるのが痛いです。
楽しめるのは今の内だけかも。。。

↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「-less」(DVD)観賞

おばあちゃんの家でクリスマスを過ごそうと車で走る一家4人と長女の婚約者、計5人。
父が高速道路を通らず、裏道を行くことを選択するのですが、いつまで経っても道を抜けられません。

そして、車を停める度に一人ずつ殺されていく家族。
一同が出会った赤ん坊を抱いた女性は何者?黒塗りの車は何?・・・・・

怖くてエグイ映画です。直接的な表現ではないにしろ、死に方がみんなひどいことが良くわかります。

とにかく理由も分からず一人ずつ殺されていく怖さ、いつまで経っても道を抜けられない怖さ。
かなり怖いです。

ただ、ラストが。。。。。う~ん。

ラストで仰天する映画ではなく、過程の怖さを楽しむ映画であることは確かです。

CHON的評価50点

↓この記事に共感した方はクリックをお願いしますbanner_02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »