« 2007年6月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

今更2006年映画

2006年のM:i:III以降映画の感想を全くアップしておりませんでした。
少しずつまとめてアップしていこうと思います。

で、まずは2006年11月・12月に観た映画。

【DEATH NOTE 後編】

前編ではオリジナルな展開でなかなか楽しませてもらいました。
後半はいよいよ衝撃の結末。これもオリジナルとは違う展開と聞き、期待大。
で結果は、予想以上にうまくまとまっていたと思います。
まさかデスノートをああ使うとは。。。。やられた、という感じ。
前編では違和感のあった松山Lや戸田ミサミサも、慣れたせいか愛着を持って見ることが出来ました。

CHON的評価90点

感想アップが1年以上遅れたせいでもうすぐ、スピンオフ『L change the World』が公開ですね。
これも楽しみ!

【手紙】

大好きな作家東野圭吾の作品の映画化。
まあとにかく・・・泣きました。。゜゜(´□`。)°゜
涙もろいので自分でも泣くのは予想していたんですが、ラストシーンではもう嗚咽する寸前でした。。。たまにはこういう作品を観なきゃだめですね。

CHON的評価92点

【SAW3】

SAWで度肝を抜かれ、SAW2の仕掛けに仰天させてもらったこのシリーズ。
第3作はどう楽しませてくれるのでしょうか?
うへーー、残酷シーンは間違いなく今までで一番。。。痛々しすぎる!!
このゲーム最大のポイントは「誰のためのゲームか」ということですね。
上手く作ってあります。

しかしながら前作ほどの満足感は得られなかったかな。
エンディングは、「もう続編はないよ」という感じで見せながら、まだ続くところはニクイですな。

CHON的評価77点

ということで、2006年分をまとめて終了。
次回は、2007年分をアップしていきます。多いので何回かに分ける予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2008年2月 »