« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年5月30日 (金)

映画「バンテージポイント」鑑賞

2008年3月27日鑑賞。

他の映画の際に予告で観てから、すごくおもしろそうで絶対観ようと決めていました。
「統領暗殺の真相を、8人の目撃者、8つの異なる視点で追ったサスペンス・アクション」ってすごい惹かれました。

事件自体は、スペインで演説中の大統領が狙撃される、という一見単純なもの。

最初、主人公らしき人物の目線から描かれた事件では、全く何もわかりません。

そして、別の人物視点でその事件がフラッシュバックされる、という繰り返しなのですが、この辺は事前に思っていたのと少し違いました。

勝手に思っていたのは、一人一人の視点ではわからなかった真相が、すべての視点での情報を集約することで謎が解けていく、という感じだったのです。

実際は、フラッシュバックされるたびに前回にはなかった新たなシーンが追加されていく、という感じでした。

犯人自体は比較的早い段階でわかってしまいますが、結末がどうなるのか、結構ハラハラドキドキで楽しめました。カーチェイスシーンでは文字通り手に汗握りました。

結果としては、大変楽しめた作品となりました。

あえて難点を言えば、犯人の動機があいまいだったことくらいですか。

CHON的評価90点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「クロサギ」鑑賞

2008年3月27日鑑賞。
人気コミックからテレビドラマ化されたタイトルの映画化。

テレビは見ていなくて、原作コミックを後から全巻読みました。
コミックはおもしろいので、テレビもそれなりにおもしろかったのでしょう。(想像)
ただ、映画はどうなんでしょう、という不安のまま観てみました。

結果は、不安的中。。。
「こりゃ、わざわざ映画化するほどの作品かよ!」って感じでした。
テレビの2時間スペシャルで十分では?

映画だからと言って、敵が超巨大な訳でもなく、主人公が絶体絶命にピンチに陥ったりするわけでもなく、いつも通りの展開。
特筆することもありません。

CHON的評価35点

原作はおもしろいですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

映画「チームバチスタの栄光」

2008年2月14日鑑賞

原作がベストセラーになった超人気作の映画化。
私は原作を読んでいませんが。

色々なレビューを見ると、主人公の二人の人物像が原作とは結構違うようですね。女医の田口は原作では男性だとか。

原作を知らずに見る分には、そんなことは関係ないものの、正直この二人のキャラ付けも、映画全体のイメージ付けも、すごく中途半端な印象を受けました。

まずは、女医田口の存在感がなさすぎ。こういう凸凹コンビで事件解決させる場合は、凸だけでも凹だけでも事件は解決できなかった、という見せ方をしないと無意味です。
でも、今回の田口の存在の意味がよくわからない。

映画も、あらすじだけ聞けば超シリアスな医療ミステリーなのに、妙にふざけたシーンが沢山出てきてかなりうっとうしい。思ってたのと全然違いました。
ソフトボールのシーンなんぞ100%不要だ。一部のコアな竹内結子ファンのみのためのシーンとしか思えない。

で、結局最後の解決シーンも、医療素人にはわかりっこないオチだし。残念。

ほんとにこの原作は大ヒットしたのか!?と原作の価値すらおとしめてしまう問題作でなはないでしょうか。

CHON的評価25点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「L chonge the world」鑑賞

2008年2月14日鑑賞

映画「DEATH NOTE」で、Lに扮した松山ケンイチの評判が高かったため作られたスピンオフ作品。

この映画は、とにかくLを見るための映画なので、DEATH NOTEのファンだけど、映画のLは好きじゃない、という人は見る意味がありません。

いつも超人的な頭脳だけで事件を解決してきたLが、今回は自らの足を使って走り回る、というのがこの映画のコンセプトなので、それを理解して観る分にはなかなか良かったのではないでしょうか。

まあストーリー的にはハチャメチャな感じではありますが、そんなことはどうでもよいのです。(笑)
とにかく、走り回るLを観ましょう。

ということで、一般的な映画としての評価とすればかなり低いのですが、LファンがLを見る映画としては合格だと思います。

ただ、さすがにナンちゃんの演技には閉口しました・・・・・あれは勘弁。。

CHON的評価65点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »