« 2008年5月 | トップページ

2008年7月31日 (木)

映画「ランボー 最後の戦場」鑑賞

2008年5月鑑賞。
言わずとしれたランボーシリーズの第4弾。前作から20年経ち、60歳を超えてなおアクション監督・脚本・主演をこなすスタローンはすごいですね。

映画の内容ですが、ストーリー的には非常に明快で一直線。上映時間も短いので、一連のプロローグの後、一連のアクションシーンで終わるという単純さ。

そして映像での残虐さはかなり過激。

映画はエンターテインメントであるわけですので、観客を泣かせたりイライラさせたりした上でも、全体としては「楽しみたい」と思うのですが、私としては全く楽しめませんでした。

ランボーの超人的なアクションにただただ感心すればいいの?
残虐シーンを見て「戦争はいけないよね」って思えばいいの?

映画上映前に「ランボー1」がテレビ放送されていて、久しぶりに少し見ましたが、あれはちゃんと映画として成り立っていたと思うのですが、今回は・・・・

評価している人も多いことは分かっていますが、私がダメでした。。。残念。sad

CHON的評価20点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ミスト」鑑賞

映画「ミスト」鑑賞。2008年5月。

突然街中が霧に覆われ、その中に何かいて。。。というパニックムービー。

大嵐で家の一部が壊れたため修復道具などを買いにホームセンターに来た主人公と息子。そのころ街中は深い霧に包まれてしまいます。

そして、「霧の中に何かいる!友人がやられた!」と叫び店に入るおじさん。そして確かに霧の中に何かがいることに気づく人々。

映画としてはよくあるソリッドシチュエーションでのパニックもの。どうなるのかドキドキします。

【ここから軽いネタバレにつき注意】

しかし、だんだんと外に何がいるのが具体的に出てきたりするあたりで、「あらら、こういう映画だったの?」という感じになります。

虫ぎらいの人にはとてもつらい映画ですので注意。crying

人々は対立したり、奪い合ったり最後には殺し合ったり、よくある展開に。(宗教女がウザすぎてかなりイライラしました)

そして意を決して店を出る主人公一行。ここまではよくあるB級映画。

普通は、主人公たちが助かってめでたしめでたし、となって終わりですが、この映画は違いました。ラストは、今まで見たことのない衝撃が待っています。

世間では賛否両論あるこのラスト、確かに「意外」という意味では突き抜けています。でもそれは想像の域を超えた「最悪の結末」という意味の「意外」なのです。
はっきり言って、普通に主人公が死ぬより10倍後味が悪いです。

途中までは、B級映画ですので、この映画の評価はすべてラストに集約されます。評価が大変難しいところですね。

意外性という意味では、100点。見終わった後の爽快感は0点。ある人物の台詞によってラストへの複線が示されていた、などの点を総合的に評価した結果は。。

CHON的評価50点

結局は「見て良かった」と「見なけりゃ良かった」のちょうど中間ということに。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「NEXT」鑑賞

気がつけばまたブログ更新が滞っていますな。。。。観た映画の感想が溜まっているので少しずつUPします。
とりあえず5月に観たもの3本。

まずは、「NEXT」ニコラス・ケイジ主演

超能力で2分ほど先の未来が見えちゃう主人公のお話。
その能力にFBIが目をつけ、核テロからアメリカを救うという大きな計画に巻き込まれそうになります。
拒み続けた主人公も最後には承諾し、テロ組織をやっつけるわけですが、最後には意外な結末が。。。!

今回はネタバレ避けますが、これは以外でしたね。ネットとか見るとこの結末を批判している人も多いのですが、僕は「あり」でしたね。

普段は2分先までしか見えない主人公だが、彼女のことであればもっと先まで見えることがある、というのがストーリーの核ですね。(ぎりぎりネタバレではないかな)

純粋におもしろかったです!

CHON的評価90点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ