« 映画「NEXT」鑑賞 | トップページ | 映画「ランボー 最後の戦場」鑑賞 »

2008年7月31日 (木)

映画「ミスト」鑑賞

映画「ミスト」鑑賞。2008年5月。

突然街中が霧に覆われ、その中に何かいて。。。というパニックムービー。

大嵐で家の一部が壊れたため修復道具などを買いにホームセンターに来た主人公と息子。そのころ街中は深い霧に包まれてしまいます。

そして、「霧の中に何かいる!友人がやられた!」と叫び店に入るおじさん。そして確かに霧の中に何かがいることに気づく人々。

映画としてはよくあるソリッドシチュエーションでのパニックもの。どうなるのかドキドキします。

【ここから軽いネタバレにつき注意】

しかし、だんだんと外に何がいるのが具体的に出てきたりするあたりで、「あらら、こういう映画だったの?」という感じになります。

虫ぎらいの人にはとてもつらい映画ですので注意。crying

人々は対立したり、奪い合ったり最後には殺し合ったり、よくある展開に。(宗教女がウザすぎてかなりイライラしました)

そして意を決して店を出る主人公一行。ここまではよくあるB級映画。

普通は、主人公たちが助かってめでたしめでたし、となって終わりですが、この映画は違いました。ラストは、今まで見たことのない衝撃が待っています。

世間では賛否両論あるこのラスト、確かに「意外」という意味では突き抜けています。でもそれは想像の域を超えた「最悪の結末」という意味の「意外」なのです。
はっきり言って、普通に主人公が死ぬより10倍後味が悪いです。

途中までは、B級映画ですので、この映画の評価はすべてラストに集約されます。評価が大変難しいところですね。

意外性という意味では、100点。見終わった後の爽快感は0点。ある人物の台詞によってラストへの複線が示されていた、などの点を総合的に評価した結果は。。

CHON的評価50点

結局は「見て良かった」と「見なけりゃ良かった」のちょうど中間ということに。coldsweats01

|

« 映画「NEXT」鑑賞 | トップページ | 映画「ランボー 最後の戦場」鑑賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102853/42022209

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ミスト」鑑賞:

« 映画「NEXT」鑑賞 | トップページ | 映画「ランボー 最後の戦場」鑑賞 »